カタログギフトの内容

結婚式などの場でよく利用されるのが、カタログギフトという贈り物です。
引き出物などとして利用されることが多くなっています。
カタログギフトのメリットは、主催者側が参加者がどのようなものがほしいのかを考えずに済むことが挙げられます。
受け取った側としても、全くいらないものを受け取るのに比べて、ある程度自分が欲しいものを受け取りやすくなっているためウィンウィンの贈り物だと言えるでしょう。


しかしながら、そんな便利なカタログギフトでも、必ずしも欲しいと思えるものがラインナップにない場合もあります。
また、受け取ったもののそのまま存在を忘れていて、眠っているカタログギフトになってしまう場合もあります。
こういった場合、このカタログギフトは無駄になってしまうことも考えられるでしょう。
では、これらを換金してお金に換えてしまう、ということは出来ないのでしょうか。
カタログギフトがどのようなシステムで行われているものなのかを紹介し、その上で換金の方法についても紹介します。


基本的にカタログギフトは、そのカタログ自体に値段帯というものが設定されています。
どれを選んだとしても、同じぐらいの価格になっているというわけです。
カタログギフト自体に同じ費用を支払ってギフトとして使用している、というのがこの形式の特徴です。
カタログ自体の費用は主催者側がすでに支払っているものであるため、カタログ会社に対して換金を依頼しても受けてもらえない場合がほとんどです。